建築家がつくるシェルターの街。
BankART 1929 Yokohama会場、BankART Studio NYK会場
建築家が提案する災害用シェルターを「シェルターの街」として展示。週末には実際にシェルターをデザインした建築家による「シェルターづくり」や様々なアーティストによるワークショップ、サバイバルクッキング等が開催されます。
「イザ!カエルキャラバン!」ワークショップ担当作家
[4/7] 曽我部昌史(みかんぐみ) + 神奈川大学曽我部研究室※
[4/8] 宮本佳明 + 大阪芸術大学宮本研究室
[4/8] 鈴木明 + 神戸芸術工科大学ドーム研究室
[4/21] 塚本由晴(アトリエ・ワン) + 東京工業大学塚本研究室※
[4/22] 手塚貴晴 + 武蔵工業大学手塚研究室※
[5/3・4] 眞田岳彦 + 女子美術大学衣服造形チーム※
[未定] 神戸カエルキャラバン スタードームチーム
※印は「地震EXPO」において新たにシェルターを開発するチームです。
サバイバルシティ写真サバイバルシティ写真サバイバルシティ写真

5月5日〜6日の1泊2日で開催BankARTStudioNYKのライフラインを停止します。
地震EXPOのさいごをかざる本格的なサバイバルキャンプ。ご家族で参加してください。

建築家がつくるシェルターの街。
TV、雑誌などで、たびたび紹介されている「防災グッズ」を大規模なセレクトショップとして展開。商品の選定は、みかんぐみの曽我部昌史氏率いる特別チームが、既存の防災グッズの中からデザイン性の優れた商品やアイデアの優れた商品をセレクト。その他、既存の防災関連書籍や震災の体験手記(マンガ、絵本、詩集)も併せて展示・販売される。
防災グッズ
「日常と非日常の交差」をテーマに実施された防災グッズデザインコンペの入選作品を展示。「非常時、持ち出し袋」に代表される防災セット的な発想ではなく、ふだん身につけているグッズに災害機能を付加させるような、まったく新しいアイデアを募集。優秀作品はモデル制作を行い、アクシスギャラリーでの共催イベントで展示されます。
 審査員
浦野 愛 小池一子 佐藤 卓 眞田岳彦 深澤直人 室崎益輝
浦野 愛 小池一子 佐藤 卓 眞田岳彦 深澤直人 室崎益輝
     
建築家がつくるシェルターの街。
週末には、いらなくなったおもちゃを持ちより、物々交換をする「かえっこバザール」を開催。水消化器で的あてゲーム等のゲーム感覚の防災訓練も。参加するたびにもらえる「カエルポイント」で、人気のおもちゃを手に入れてください。
かえっこバザール

阪神・淡路大震災で得られた教訓を子どもたちに伝えていくためのボードゲーム「防災すごろくスタジアム」を設営。

○やりながら防災のことが学べる楽しいゲーム
○TVゲームでは体験できないリアリティの追求
○ひとつの場に集いコミュニケートする楽しさ

大会開催日:4/15 14:00〜16:00

防災すごろく

被災体験を持つ坂本廣子氏が推奨する非常食の提案。被災地では炭水化物系の食品は比較的早くに支給されるが、たんぱく質やミネラル分は不足しがちになるもの。本展では、豆類や乾物類などの食品を新たな「非常食」として提案し、展示を行います。

  9男9女   防災体操   イザ!カエルキャラバン!
  KOSUGE1-16の「コスゲ
ファミリー9男9女(救難救助)」
 
木須久貴の「防災体操」
 
イザ!カエルキャラバン!
藤浩志氏とNPO法人プラス・アーツが共同で開発した、楽しみながら防災を学べる新しい形の防災訓練

4/8 15:00〜17:00

地震に深く関係のある鯰絵(なまずえ)を紹介。ゾウキンゾウの美術作家磯崎道佳が、ゾウキン巨大ナマズを制作。子供たちとのワークショップも予定。

鯰絵
建築家がつくるシェルターの街。

語り部来場日時:4月の毎週末(土日)と5/3・4 13:00〜16:00

毎週末、神戸市などの協力を得て被災体験者の語り部に来ていただき、当時の被災体験談を車座になって聞くことができます。

毎日新聞社等の協力を得て、阪神・淡路大震災や中越地震等の震災当時の写真や映像を紹介。震災のリアリティをできるだけ忠実に体験してもらえる場をつくります。また震災時の写真や映像の募集を行い、会期中に展示をふやしていきます。

大震災写真
写真提供:毎日新聞社  映像ディレクション:高橋 啓祐(nibroll)

災害時の人の「心」の動きを、より多くの子供たちに伝えるために、実際の防災体験談をアニメ、絵本、漫画、といった子供に親しみのあるメディアで展示します。

菊田まりこ(絵本作家)
加藤文崇(映像作家)
加藤朋子(イラストレーター)
OPUS design factory × design school(デザイナー)
伊東俊介(カメラマン)
うたたね/山極博史(家具デザイナー)
泉山朗土(映像)/ recomemo workshop & studio.
保坂真紀(イラストレーター)
SINPLEX animation.design /
山本真也(グラフィック・WEBデザイナー)
Re-Wall+MOMfilm o graphics
青池良輔(アニメーション作家)
「いのちをまもる智恵」制作委員会

アーティストの提案する避難所でのワークショップ
〜避難所をアートでかえる〜

トヨタ・アートマネージメントフォーラム2007の関連企画で実施された企画提案コンペの応募案を展示。

体験手記「お助け犬・ポチ」
「お助け犬・ポチ」

体験手記「明日への記憶-1.17のために」
「明日への記憶-1.17のために」

体験手記「ORANGE」
「ORANGE」

体験手記「KIKU(聞く)-KIKU(効く)」
「KIKU(聞く)-KIKU(効く)」

起震車がやってくる!
会場:BankART 1929 Yokohama前
4/7・8の2日間 13:00〜16:00の時間帯
に 起震車がやってきます。
協力:横浜市中消防署