オープニング記念 
防災寄席+パネルディスカッション

1月12日(土)14:00〜16:30
会場:JICA兵庫2階ブリーフィングルーム

防災寄席
笑福亭鶴笑

パネルディスカッションテーマ 
『 国際協力の新しい カタチ
〜アートがむすぶ 防災と国際協力〜 』



■パネリスト
佐藤浩司(国立民族学博物館准教授)
笑福亭鶴笑(落語家)
藤浩志(美術家)
山本博之(京都大学地域研究統合情報センター准教授)

■進行
永田宏和(NPO法人プラス・アーツ理事長)

■申込先

(財)兵庫県
国際交流協会
【tel】
078-230-3263
【fax】
078-230-3280
【E-mail】
icd@net.hyogo-ip.or.jp

■〆切
1月10日(木)


イザ!カエルキャラバン!

1月13日(日) 13:00〜15:30
1月14日(月・祝) 13:00〜16:45

会場:JICA兵庫2F講堂、

2階ブリーフィングルーム、南側国際交流広場

※事前申込不要

楽しみながら学ぶ新しい形の防災訓練です。子どもたちはゲーム感覚あふれる防災訓練に参加し、ポイントをゲットして“おもちゃ”と交換することができます!体験コーナーでは、救助犬のデモンストレーション(13日)や起震車(13日)、防災関連の企業ブースなどを開設します。

 世界の保存食ランチメニュー期間

 1月9日(水)〜1月20日(日)11:30〜14:00
 会場:JICA兵庫1階レストラン

世界の保存食をテーマに開発された、「HAT神戸+防災EXPO」オリジナルの期間限定のランチメニューを販売します。「食の防災技術」をぜひこの機会にご賞味ください!

サバイバルクッキング教室

1月19日(土)15:00〜17:00
会場:JICA兵庫1階レストラン
※事前申込必要  定員25名(先着順)

被災経験のある料理研究家から、栄養と衛生に配慮した生き残るための料理法を学びます。 実際に災害時に役立つ「サバイバルクッキング」。親子で参加できる実演付きの講演会です。
講師:坂本廣子(サカモトキッチンスタジオ主宰)



 ■申込先

 JICA兵庫 JICAプラザ担当
 【Tel】078-261-0341
 【Fax】078-261-0342

 【E-mail】jicahic-plaza@jica.go.jp

 ■〆切

 1月17日(木)






アートで伝える防災-作品の発表会-

1月19日(土)13:00〜 公開リハーサル
1月20日(日)13:00〜14:00 発表会 
会場:兵庫県立美術館1階ホワイエ

※事前申込不要

阪神・淡路大震災の被災体験談を基に、1月13日から18日まで(15日は休み)、1階アトリエスペースにて若いアーティストやデザイナーが子ども向けの「作品」を公開制作します。できあがった作品を、1月19日と20日に1階ホワイエで上演します。 参加アーティスト:浅野千里/加藤文崇/木須久貴/つき山いくよ/林加奈

シェルターフェスティバル

1月19日(土)・1月20日(日)10:00〜16:00
会場:JICA兵庫南側国際交流広場

建築家やデザイナーが提案する「災害用シェルター」を、参加者が作るワークショップです。身の回りのモノを使って創意工夫で作られたシェルターや研究開発されたシェルター、アウトドアのテントなど、様々なシェルターが会場いっぱいに並びます。



参加予定チーム:鈴木明+神戸芸術工科大学ドーム研究会/宮本佳明+大阪芸術大学宮本研究室/SSS研究委員会(森田一弥・小澤雄樹・柳沢究・山本直彦)/E-DESIGN/神戸カエルキャラバン・スタードームチーム/国際緊急援助隊/コールマンジャパン株式会社/太陽工業株式会社/

防災すごろくスタジアム
−GURAGURA TOWN杯−

1月20日(日)14:00〜16:00
会場:JICA兵庫2階講堂

※事前申込不要

災害時の様々な教訓を子どもたちに伝えるために開発された防災すごろくゲーム『GURAGURA TOWN(ぐらぐらタウン)』を開催します。買い物ゲームを楽しみながら、防災の知恵が学べます。3メートル四方の巨大なすごろくスタジアムを使って、チームごとに対戦します。

※事前申し込みの必要なイベントは、イベント名・氏名・TEL・FAX番号/E-mailアドレスと参加人数を明記の上、FAXまたはE-mailで各イベントの申込先にお申し込みください。
(申し込みのための個人情報は、参加受付回答と開催時刻の変更などの連絡にのみ使用します。)

このページの先頭へ