Home > About us

aboutus_01aboutus_02aboutus_03aboutus_04aboutus_05aboutus_06aboutus_07aboutus_08aboutus_09aboutus_10Web
btn_top

理事長
永田 宏和
株式会社iop都市文化創造研究所 代表、デザイン・クリエイティブセンター神戸 副センター長
副理事長
藤 浩志
藤浩志企画制作室 代表、十和田市現代美術館 館長
理事
鳴海 邦碩
大阪大学名誉教授、関西大学客員教授
理事
室﨑 益輝
兵庫県立大学防災教育研究センター長、神戸大学名誉教授、ひょうご震災記念21世紀研究機構副理事長
理事
渥美 公秀
大阪大学大学院人間科学研究科教授、(特)日本災害救援ボランティアネットワーク理事長
理事
小暮 宣雄
京都橘大学現代ビジネス学部教授
理事
田村 太郎
ダイバーシティ研究所 代表理事、つなプロ代表監事
理事
加藤 文崇
les contes 代表
理事
太田 航平
NPO法人地域環境デザイン研究所ecotone 代表理事
監事
木田 恵利香
木田会計事務所








永田 宏和(ながた ひろかず)
株式会社iop都市文化創造研究所 代表、デザイン・クリエイティブセンター神戸 副センター長

1968年兵庫県西宮市生まれ。1993年大阪大学大学院修了後、株式会社竹中工務店入社。2001年同社を退社後、まちづくり、建築、アートの3分野での企画・プロデュース会社「iop都市文化創造研究所」を設立(2006年株式化)。2012年8月よりデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の副センター長に就任。主な仕事として、新しいスタイルのフレンチ・レストラン「ウーバレ・ゴーデン」の企画、プロデュース(2005年)、都市キャンペーン型アートイベント「水都大阪2009・水辺の文化座」の企画・プロデュース・運営(2009年)、KIITOオープニングイベント「ちびっこうべ」の企画・プロデュース・運営(2012)などがある。『第1回まちづくり法人国土交通大臣賞【まちの安全・快適化部門】』『第6回21世紀のまちづくり賞・社会活動賞』他 受賞。
HPアドレス



藤 浩志(ふじ ひろし)
美術家  藤浩志企画制作室 代表、秋田公立美術大学美術学部美術学科教授

1960年 鹿児島生まれ。京都市立芸術大学在学中演劇活動に没頭した後、地域社会を舞台とした表現活動を志向し、京都情報社を設立。京都市内中心市街地や鴨川などを使った「アートネットワーク’83」の企画以来、全国各地のアートプロジェクトの現場で「対話と地域実験」を重ねる。同大学院修了後青年海外協力隊員としてパプアニューギニア国立芸術学校勤務。都市計画事務所勤務を経て92年、藤浩志企画制作室を設立。全国各地で地域資源・適正技術・協力関係を活かした活動の連鎖を促す美術類のデモンストレーションを実践。福岡県糸島市在住。秋田公立美術大学美術学部美術学科教授。
HPアドレス



鳴海 邦碩(なるみ くにひろ)
大阪大学名誉教授、関西大学客員教授

1944年、青森県生まれ。大阪大学名誉教授、関西大学特任教授。京都大学大学院修士課程修了。兵庫県技師、京都大学助手、大阪大学教授(工学研究科)を歴任。工学博士。都市計画、都市環境デザインが専門。日本都市計画学会前会長。阪神淡路大震災からの復興について10年間にわたって定点調査を行ない、復興まちづくりを検証した。大阪をはじめ関西の各地のまちづくりを支援。インドネシアをはじめアジア諸国の都市環境調査も行ってきた。サントリー学芸賞、故奥井復太郎日本都市学会会長記念都市研究奨励賞等を受賞。主な著書に、『都市の魅力アップ』『失われた風景を求めて』『都市のリ・デザイン』『都市デザインの手法』他多数。





室崎 益輝(むろさき よしてる)
兵庫県立大学防災教育研究センター長、神戸大学名誉教授、
ひょうご震災記念21世紀研究機構副理事長

1967年3月、京都大学工学部建築学科卒業。神戸大学都市安全研究センター教授、消防研究所理事長、消防庁消防研究センター所長、関西学院大学総合政策学部教授を経て現職。日本火災学会賞、日本建築学会賞などを受賞。日本火災学会会長、日本災害復興学会会長、中央防災会議専門委員、人と防災未来センター上級研究員、海外災害援助市民センター副代表などを歴任。著書に、地域計画と防火、危険都市の証言、建築防災・安全、大震災以後など。
HPアドレス





小暮 宣雄(こぐれ のぶお)
京都橘大学現代ビジネス学部 教授

1955年大阪市生まれ。自治省入省後、23年間、公務員生活。地域づくり関係が多く、後半は文化政策や地域芸術環境づくりに関わる。各地の公共ホールにおいて、西洋クラシック音楽以外の企画が必要だと感じて、演劇やダンスを数多く見、その有様をメモとして残すようになる。それが高じて、観客・鑑賞者の目線を大切にするアーツマネジメントのあり方の研究へと広がり、現在は、京都橘大学で教えたり地域への文化提言に関係したりしている。





田村 太郎(たむら たろう)
ダイバーシティ研究所 代表理事、つなプロ代表監事

阪神大震災で被災した外国人への情報提供活動を機に「多文化共生センター」を設立。外国人住民支援や人の多様性に配慮した地域づくり、組織づくりに携わる。2007年より現職。社会起業家のためのビジネスプランコンペ「edge」の主催や大学での講義を通じて、若者の起業家支援にも取り組む。甲南女子大学、関西学院大学非常勤講師。
HPアドレス

Return to page top