Home > その他 > しあわせの村 神戸市シルバーカレッジ食文化コース【食を通じた地域・社会貢献】調理ワークショップ

しあわせの村 神戸市シルバーカレッジ食文化コース【食を通じた地域・社会貢献】調理ワークショップ

神戸市のしあわせの村にある、シルバーカレッジ食文化コースの2年生を対象に、「食を通じた地域貢献・社会貢献~その課題と可能性を考えてみる~」についての調理ワークショップを行いました。

◆日時:2018年6月6日(水)10:30~12:00、13:00~14:30
◆場所:しあわせの村 シルバーカレッジ
◆テーマ:10月の文化祭で提供する【シルバーカレッジならではの新メニュー】を提案
◆講義内容:シルバーカレッジの文化祭では例年1年生が豚汁、2年生がかやくご飯を出店していましたが、今年はこれまでのマンネリズムから脱出するため、新しいメニューを考案し実際に文化祭で販売することに!「原価率がよく」「効率的」という視点だけでなく、そこに「オリジナリティ(神戸・シルバーカレッジらしさ)」や「お祭り感」をプラスしたアイデアメニューが全8班から提案されました。


▲グループに分かれて、調理開始!


▲味付けはもちろん、提供方法や食べやすさも考えてメニューを提案


▲1班:芋スティックフライドポテト、昔ながらのコロッケ


▲2班:ビーフシチュー、ブロッコリーとコーン添え、きのこのソテー、フランスパン


▲3班:三世代弁当(孫世代:ハムエッグのケチャップあえ、親世代:肉ミンチ、玉ねぎ、さやえんどうのミックスあえ、シニア世代:ひじきの炊き込みご飯)※今回都合により親とシニア世代の二世代弁当で実施


▲4班:ちらし寿司、はんぺんのすまし汁


▲5班:個性たっぷり変わりお稲荷さん


▲6班:ここでしか食べられない愛情♡たっぷり豚まん(具材にこだわりました!)


▲7班・8班:こぎつねごはん、ほうれん草のお浸し、だし巻き卵


▲講評会:提案されたメニューの可能性や今後の展開について、プラス・アーツ理事長の永田、石田よりコメント。ターゲットは誰なのか、何食販売するのか、調理・販売する上での制約は何かなど、現実的な問題も含めてアイデアを出し合いました。

今回の調理ワークショップで我々の講義は終了ですが、この後は学年の皆さんで話し合いをすすめ、メニューを決定する流れとなります。神戸市シルバーカレッジの建学の精神である「再び学んで 他のために」という言葉を胸に、今年の文化祭ではどのメニューが提供されるのか、非常に楽しみです!こうご期待☆

Home > その他 > しあわせの村 神戸市シルバーカレッジ食文化コース【食を通じた地域・社会貢献】調理ワークショップ

PROJECT LINK
FACEBOOK

Return to page top