Home > Lecture/講演会 > 3月8日(水)地域での実践者から学ぶ~”防災及び環境教育”の活動事例紹介~

3月8日(水)地域での実践者から学ぶ~”防災及び環境教育”の活動事例紹介~

地域での実践者から学ぶ~”防災及び環境教育”の活動事例紹介~

弊法人では、近年頻繁に発生している異常気象による風水害において、防災対策だけでなく、異常気象を軽減するための環境教育も合わせておこなうことが必要だと考えます。今回のシンポジウムでは、防災教育及び環境教育に取り組む人たちにとって参考になる手法や先進的に取り組んでいる事例を、地域で実践しておられるゲストにご紹介いただきます!

NPO法人丹波グリーンパートナーの一宮祐輔氏からは、里山づくりを地域住民と進める中での手法・場づくりについて、また、取り組みを継続させる仕組みとしての「木の駅」についてのお話。
▼NPO法人丹波グリーンパートナーwebsite
http://www.grenpa.org/

NPO法人気候ネットワークの廣瀬和代氏からは、「こどもエコライフチャレンジ」のプログラム内容と地域との連携、他地域への展開についてお話いただきます。
▼NPO法人気候ネットワークwebsite
http://www.kikonet.org/

====================
「HANDs!プロジェクト 2016/2017 シンポジウム」
【日 時】2017年3月8日(水)18:00~21:00(21:30~懇親会)
【場 所】デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)303号室  
【定 員】50名程度 ※アジア8ヶ国のクリエーター30名が一緒に聴講します。逐次通訳あり。
【参加費】無料 
【登壇者】 パネラー:一宮 祐輔 氏(NPO法人丹波グリーンパートナー) 
      パネラー:廣瀬 和代 氏(NPO法人気候ネットワーク)
      コメンテーター:室﨑 益輝 氏(兵庫県立大学防災教育研究センター長)
      ファシリテーター:永田 宏和 氏(NPO法人プラス・アーツ)
【主 催】 国際交流基金アジアセンター、NPO法人プラス・アーツ
====================

【 講師のご紹介 】
■ 一宮 祐輔 (NPO法人丹波グリーンパートナー) 
愛媛県松山市出身。愛媛大学農学部で鳥獣害問題を専攻する傍ら、若者の社会活動を支援するNPOの立ち上げに関わる。卒業後は、大阪の広告制作会社に入社、会社案内のパンフレットやウェブサイト、などの制作に企画営業職として関わる。田舎の地域でこれまでの経験を活かしたいと思い、会社を辞め、日本各地を回って移住先を模索。知人の誘いから2015年4月より「NPO法人丹波グリーンパートナー」の立ち上げと共に、事務局に就任。「丹波市木の駅プロジェクト」などの新しい森づくりの仕組みづくりを進めながら、狩猟や環境教育、地域活動への参加し、これからの生活の構築に奔走中。

■ 広瀬和代(気候ネットワーク 環境教育担当)
京都府南丹市出身。大阪成蹊女子短期大学 児童教育学科卒業7年間、企業勤めを経験した後、2児の母となる。幼稚園・小学校でのPTA活動を通じ、「エコアクション」の取り組みに参加。環境問題について関心を持つ第一歩となる。2010年、京都市内全公立小学校で実施している環境教育「こどもエコライフチャレンジ」の話者スタッフとしての活動を開始。プログラム企画・実施を担当し、2014年よりチーフコーディネーターを務める。現在、他地域へも活動の場を広めている。趣味は、野菜と米作り。

■ 室﨑 益輝 氏(兵庫県立大学防災教育研究センター長)
1944年兵庫県に生まれ。67年京都大学工学部建築学科卒業。京都大学助手、神 戸大学 工学部助教授、同大学工学部教授を経て、97年より同大学都市安全研究センター教授。同大学を退職後、2004年4月より独立行政法人消防研究所理事長、 06年4月より消防庁消防研究センター所長。08年4月より関西学院大学教授、13年4月より、兵庫県立大学特任教授。03年よりイー・ウーマン「働く人の円卓会議」議長。この間、京都大学防災研究所客員教授、中央防災会議専門委員、消防審議会会長などを歴任。日本建築学会賞、日本火災学会賞、防災功労者内閣総理大臣表彰、兵庫県社会賞、神戸新聞社会賞などを受賞。著書に『地域計画と防火』『ビル火災』『危険都市の証言』『建築防災・安全』など多数。

■ 永田 宏和 氏(NPO法人プラス・アーツ理事長)
NPO法人プラス・アーツ理事長。1993年大阪大学大学院修了。2005年阪神・淡路大震災10周年事業で家族が楽しみながら防災を学ぶプログラム「イザ!カエルキャラバン!」を開発。2006年NPO法人プラス・アーツ設立。現在、首都圏、関西圏など全国各地及び、インドネシア、タイ、フィリピン、中米、南米など海外での防災教育普及に積極的に取り組む。東京ガス、東京メトロ、三井不動産グループ、無印良品、NHKなど企業・メディアの防災アドバイザーも数多く務めている。TBS「情熱大陸」、日本テレビ「世界一受けたい授業」出演。

【「HANDs!(Hope and Dreams)プロジェクト」とは 】
国際交流基金アジアセンターが主催する防災教育分野における人材育成プロジェクトです。アジア各国から選抜されたフェロー約30名が日本を含む4ヶ国を訪問し、各国の優れた取り組みやそのノウハウを学ぶことを目的としています。
ツアーでは被災地に関するリサーチや防災教育をテーマとしたワークショップに加えて、子どもたち向けの防災教育プログラムのトライアルを行う実践的な研修プログラムに参加します。3月8日(水)~12日(日)の日本ツアーでは「防災+環境」をテーマにプログラムを開発し、3/11(土)に開催する「イザ!カエルキャラバン×HANDs!Together in 神戸」にてトライアルする予定です。
▼HANDs! Project website
http://www.handsproject.asia/

—————————《講演会・ワークショップ申し込み方法》—————————

■ ネットからお申し込みの場合、こちらのURLからご記入ください
https://docs.google.com/forms/d/1icLODhjVlnFklQBnIAg8g4Brr45h1edQtjQYDkjUa4w/edit?usp=forms_home

■ FAXからお申し込みの場合、件名を「シンポジウム参加希望」とし、下記①~⑤の項目を明記のうえ、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
①氏名(よみがな)
②年齢/性別
③連絡先(TEL/メールもしくはFAX)
④参加理由

■ 申し込み/お問い合わせ
NPO法人プラス・アーツ(担当:石田)
Tel:078-335-1335
Fax:078-335-1339
Mail:info@plus-arts.net

Home > Lecture/講演会 > 3月8日(水)地域での実践者から学ぶ~”防災及び環境教育”の活動事例紹介~

PROJECT LINK
FACEBOOK

Return to page top