Home > Project/活動内容 > そなエリア東京

そなエリア東京

そなエリア東京ロゴ

72時間生き抜く知恵を学ぶ、
国営の防災体験学習施設。

首都圏での大規模災害に備え整備された東京臨海広域防災公園内にある、体験型の防災学習施設。1Fの「東京直下72h TOUR」では、マグニチュード7.3、最大震度6強の首都直下型地震の発災から避難までを、ニンテンドーDSで出題されるクイズに答えながら、72時間生き抜く知恵を学ぶ防災体験ツアーです。2Fの防災学習ゾーンでは、首都直下型地震を分かりやすく紹介するミニシアターや、PCによる防災クイズコーナー、世界の防災グッズと防災ゲームの展示が常設され、防災ゲームはその場で体験することもできます。

計画・工事:株式会社博報堂
企画協力:NPO法人プラス・アーツ
運営管理:西武造園・NHKアートパートナーズ
運営協力:NPO法人プラス・アーツ(2010年7月〜2012年3月)
web:http://www.ktr.mlit.go.jp/showa/tokyorinkai/index.htm



 「そなエリア東京」施設紹介 
東京直下 72h TOUR―1

東京直下 72h TOUR―1
72 時間を生き残るためにどうするか?首都直下地震の発災から避難までの流れを体験するツアー。
東京直下 72h TOUR―2

東京直下 72h TOUR―2
被災した町を再現したジオラマの中を「ニンテンドーDS」から出題されるクイズに答えながら進みます。
防災ギャラリー

防災ギャラリー
世界から集めた防災グッズや防災ゲームが展示。実際にゲームを体験できるコーナーが隣接。



 72時間生き抜くヒント 

パネル展示「72時間生き抜くヒント」の企画および監修を、プラス・アーツが担当いたしました。(2009年)

72時間生き抜くヒント

「東京直下 72h TOUR」の最終エリアとなる避難所ステージの壁面を一面使用した展示。72時間を生き抜く知恵や工夫を、イラストでわかりやすく紹介しています。パネル中段は、災害時に役立つグッズを壁面に貼り付け、イラストで使用方法を簡潔に説明しています。パネルの下段は、災害時の連絡方法やバケツリレーのコツなど、災害時に役立つ知識を分かりやすくまとめています。


 世界の防災グッズ/防災ゲーム 

施設の2階「防災ギャラリー」に常設展示する防災ゲームと防災グッズのセレクトを、プラス・アーツが担当いたしました。(2009年)

世界の防災グッズ

世界の防災グッズ
地震の多いアジア諸国をはじめ、アメリカ・ヨーロッパの防災セットをセレクトして展示。
世界の防災ゲーム

世界の防災ゲーム
日本の防災教育ゲームだけでなく、アジア・ヨーロッパの防災をテーマとしたゲームをセレクト。
防災教材

防災教材
耐震構造や液状化現象などのメカニズムを学べる教材を展示するだけでなく、体験も可能。



 防災イベントの企画・運営協力 

施設のオープンから1年間にわたり、楽しく学ぶ防災をテーマとしたイベントやワークショップの企画・運営協力をさせていただきました。(2010-11年)
2010/07/01〜08/31 シェルター展示「うぇるかむシェルター!」
2010/07/17〜19 「イザ!カエルキャラバン!in そなエリア東京」 など

うぇるかむシェルター

うぇるかむシェルター
施設のオープニング企画として、エントランスに身の回り品を使ったシェルターを3点設営し、展示。
イザ!カエルキャラバン!

イザ!カエルキャラバン!
休日の集客型イベントとして、「イザ!カエルキャラバン!」を館全体で実施。
防災ゲーム体験

防災ゲーム体験
防災ギャラリーに併設された体験コーナーでは、いつでも防災ゲームを楽しむことが可能。



 ポイント 
コンテンツ

「楽しく学ぶ防災」「防災の日常化」をテーマとした、
多種多様なコンテンツを企画・提供します。

楽しく学ぶ防災訓練「イザ!カエルキャラバン!」をはじめとした防災イベントや防災ワークショップの企画から、身の回り品を使ったシェルターの展示や防災を身近に感じてもらえるような展示の企画まで、「楽しく学ぶ防災」、「防災の日常化」をテーマとしたあらゆるコンテンツの企画・提供をおこなっています。








Home > Project/活動内容 > そなエリア東京

PROJECT LINK
FACEBOOK

Return to page top